[Article 17]新規一括0円は将来の「MNP弾」

新規一括0円で新しい携帯電話・スマートフォンを購入後はもちろん普通の電話として利用できますが、将来はMNP用の回線に使うことをオススメします。

 

MNP(ナンバーポタビリティ)制度を利用すると最新機種の高性能スマートフォンでさえ「一括0円」で買えてしまいます。ちょっと古い機種を狙えば本体はもちろんタダ、さらにキャッシュバックを何万円も貰えて儲かってしまう販売情報さえあるほどです。

新規一括0円で新しく契約する場合、多くの案件では「2年縛り」と呼ばれる2年間の利用を前提としたプランに加入することになります。この2年縛りは2年間絶対に使い続けないといけないわけではありませんが、契約途中で解約・MNP転出を行うと違約金が取られます。違約金の金額は契約プランによって異なりますが、最も高い違約金だと2万円以上、平均的には1万円ほどが掛かります。

2年契約のプランは自身で変更しないとそのまま契約が継続更新されるものがほとんどです。そのため、違約金無しで解約・転出できる期間が限られますので注意が必要です。

2年契約が満期になったら、他のキャリアにMNPをすることが出来るようになります。これがもっとも安全でお買い得な携帯電話・スマートフォンの買い方と言ってしまっても過言ではありません。

 

始めて携帯電話回線を持つ場合には新規契約しか出来ないのは当然ですが、電話番号をそのままに移動できるMNPは便利で安くなります。数年前ならばキャリアを乗り換えるとメールアドレスが変更になってしまい困るから、という理由で同じ携帯電話会社に留まっていた場合でも、現在はG-mailなどネットワービスを利用したフリーメールが主流になってきており、キャリアを問わずにメールを出来るようになってきています。

 

新規一括0円で安く契約したら、2年後はもっと安く携帯電話が買えるかもしれない、ということなのです。